① 緊急性(期間。今だけ感が大事。キャンペーンない場合は、時間的な損失をコピーの中に入れる。)
② 限定性(数)
③ サービス概要(希少性、質のレアを入れる、信用、ベネフィット入れる。サービス全体像を伝えないとユーザーが不安になる)

inoaはHSP専門カウンセリングサービス

このサービスは、繊細な方(HSP)や大胆なんだけど繊細な一面も併せ持つ方(HSP/HSS)で、自分の悩みの本質に気付き、自分らしく生きたいと願う方を対象にしたカウンセリングサービスです。

カウンセリングの手法を用いてお客さまの今現在の悩みや生きづらさの本質を明らかにし、

  1.  HSP、HSP/HSSの特性を知り、それを活かす方法を知る
  2.  あるがままの自分を思いやる心(セルフ・コンパッション)を培う 
  3.  「自分」という存在を前向きに認める心(自己肯定感)を育む

これらに焦点を当てた3ヶ月間のカウンセリングを通して、「自分のままで元気に生きる」お手伝いをいたします。

HSPとは非常に感受性が強く敏感な気質をもった人

(Highly Sensitive Person)

人間の生まれ持った気質には「内向型」・「外向型」の2タイプがあると言われています。

「内向型」が、いわゆる「繊細な方」

周囲からの刺激に敏感で平穏を好み、できるだけ慎重に行動したりします。

これを英語で表記すると、

Highly Sensitive Person「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」

頭文字をとって、「HSP」と呼ばれています。

ちなみに、子ども(Child)の場合は「HSC」となります。

こんな人はHSPの可能性があります

他人の感情に振り回されやすい人

  •  相手の冗談まじりの言葉をそのまま受け止めてしまい、ずっと気にしてしまう
  •  職場(学校)で機嫌が悪い人がいると、気になって作業どころではなくなる 
  •  相手の気持ちを考えすぎて、自分の意見がなかなか言えない
  •  ちゃんとできない自分が嫌でさらに自己嫌悪のスパイラル

細かいことに気付きやすい人

  •  簡単な仕事なはずなのにいろいろ考えすぎてぐったり疲れてしまう
  • 職場や学校など周囲の人から「細かすぎ」「気にしすぎ」と指摘される

光や音などの刺激に過敏な人

  •  部屋の中にいると外の音が気になって仕方がない
  •  明るい部屋にいると疲れてしまう

繊細だけど好奇心が高い人(HSS型HSP)

  •  本当は家でゆっくりのんびりするのが好きなのに、活動的で出かけてばかりいる
  •  精力的に活動した結果、引きこもりたくなるぐらいに疲れてしまう
  •  社交性と人見知りの両方の性質をもっている

 

「当てはまる!」と思った方は、HSPの可能性があります。

ひとえに言ってもHSPには様々なタイプがあります。

↑が全部当てはまる方もいれば、一つしか当てはまらないけどその程度が重いという方もいます。

世の中の20%の割合でこのHSP気質をもった方が存在すると言われています。

 

そして「外向型」が、いわゆる「大胆な方」

自ら刺激を求めにいったり、並外れた行動力を発揮したりします。

これを英語で表記すると

High Sensation Seeking「常に刺激を求め続ける気質をもった人」

頭文字をとって、「HSS」と呼ばれています。

・好奇心のカタマリ!新しいモノ、コトが大好き!

・型にはまった行動が苦手!周囲のぼやきなんて全く気にならない!

・いつも同じ環境であることに退屈で仕方がない!自由イズザベスト!

 

・・・お分かりのとおり、こういった方々はクヨクヨ悩むことはありません笑

カウンセリングとは一番縁遠いタイプかもしれません。

このHSS気質をもった方も世の中の20%の割合で存在すると言われています。

 

残りの約60%はHSPでもなければHSSでもない方になります。

これで説明は終わり・・・と思いきや!

実は世の中のたった6%の割合で

「HSP」と「HSS」両方の気質を併せ持った方も存在すると言われています。

それが「HSP/HSS」です(「HSS型HSP」とも言われます)

HSPの繊細さや感受性から行動を抑制しようとするパワーと、HSSの刺激を求め外へ向かおうというパワーが共存している人、ということになります。

よく使われる分かりやすい例だと

ブレーキ(HSP)を踏みながら、アクセル(HSS)を踏んでいる状態ということになります。

そんな真逆の性質を同時に持つHSS型HSP。

<こんなことありませんか?>

 

「分かるー・・・」って思った方、ひょっとしたらHSP/HSSかもしれません。

このHSP/HSSという気質、一番生きづらさを感じる局面に遭遇することが多いタイプです。

でも救いは、割合こそ少ないけれど、自分以外にも同じ気質の人がいるということ。

かくいう私もこのHSP/HSSに当てはまります。

こんな人にオススメ

  •  繊細さゆえの疲れやすさ・生きづらさに悩んでいる方(HSP)
  •  繊細さと大胆さが両存しているがゆえの疲れやすさ・生きづらさに悩んでいる方(HSP/HSS)
  •  自分はもしかしたらHSP、もしくはHSP/HSSかも?と思い始めた方
  •  自分の子どもが繊細で感覚過敏だと思っている方(HSC)
  • 気を遣いすぎて疲れてしまうHSP向きの人間関係づくりを知りたい方
  • 繊細さが邪魔して上手く立ち回れず転職を繰り返してしまう方
  • HSPの特質を生かした仕事や職場環境選びを知りたい方 
  • 感覚過敏で疲れてしまうHSP向きのライフハックやツールを知りたい方
  • 自己嫌悪のスパイラルから抜け出したい方
  •  HSPの悩み全般についてとりあえず話を聞いてほしい方

もしかしたら、このようなカウンセリングが初めてという方は、どうしようかドキドキしているかもしれません。

だけど、「自分の現状を前向きな方向にもっていきたい!」という気持ちになったからこそ、このページご覧になられているのだと思います。

それだけでまず素敵な一歩です。

どうぞ気軽に、ご連絡いただければと思います。

HSPは他人と比べて、自分のことが嫌いになりやすい

 

刺激の多い苦手な環境から逃げられない人が多い

⑧ 開発秘話(before→After入れる。専門家が初心者向けなど。「問題提起」の伏線回収にならない中身の場合、場所移動。≒自己紹介)

ウィズコロナで繊細な人にとって無理のない働き方の選択肢が広がった

⑨ 話題性(副業解禁、働き方など、今の世の中の現状となぜ今なのか 。)
⑩ 高揚感(自由なライフスタイルになる、など。他の項目でも「高揚感」に相当するコンテンツがあればOK)
⑪ サービス詳細(「5つの特徴」「このサービスで得られる内容」。ノウハウやサービスのコンセプト公開。一部ノウハウのチラ見せで購入促進。)
⑫ サービス全体の流れ(STEP1~STEP10など、ベネフィットも意識して入れるけど、見出しとして分かりやすさも重視。
どんなサービスをどの順で受けるのかイメージ(疑似体験)させることで、事前に心構えできることが大事)
⑬ お客様の声・実績の詳細(お客様の声は7つ以上を最低目標・30以上を努力目標にして集める。他参加者の様子、リアルタイムに追記する。)
⑭ 他の商品との比較(少し高い商品と比較・質の低い商品と比較。他のコンテンツ内にマージでもOK、開発秘話やサービス説明にマージなど。)
⑮ 価格を安く見える情報(金額の近くに費用対効果が分かる説明・より高い金額に関する話題を載せる)
⑯ 価格(バックエンドは松竹梅の3種類か、2種類の選択肢。3つより多い選択肢は見込み客を迷わせるのでNG。フロントは1種類。)
⑰ 欠点の暴露(こんな人にはオススメしない、購入前の注意点、欠点入れたあとフォローも)
⑱ 特典(追加サービスでダメ押し。購入のリスクをなくすような保証など。返金保証など。※返金保証使わせないほど欠点の暴露をしっかり公開)
⑲ サービス条件(場所、時間、など)
⑳ 具体的な購入までのステップ、行動を促すきっかけ(ここをクリックしてください、などが実は効果的)